システム

ipadのアプリ開発を行ない業務の効率化を図る

IT技術の進化による変化

デスクトップPC

IT技術の進化による変化

PCを使用している人でアプリケーションを入れている人は多いと思います。アプリケーションは開発者がアプリ開発を行なうことで使用することができるようになります。アプリケーションは様々な種類があり、写真加工、テキストエディタ、ウェブブラウザなど多岐に渡ります。CPUの性能向上と、メモリの大容量化により不可能だった処理や機能が扱えるようになりました。クラウド技術の進化により、PC内にデータをもたずインターネット上にデータを持つようになりました。以前は誰もが持っていたUSBも最近では使用せずにクラウドで共有するようになっています。このように技術者は常にどうすれば利用者が便利になるかを考え開発を行ない他社と競い合っています。以前はホームページを作成するにはプログラムを書くのが当たり前でしたが今ではほとんどマウスだけでホームページを作成できるサービスも登場しています。このように世の中のサービスが簡易に利用できることで発生する問題もあります。技術者として入社する若者が便利なサービスを利用して開発を行なうためWebサーバやデータベースサーバなどのコアの仕組みをわからない人が増えています。これまではわかっていて当たり前でしたが、今ではサーバも簡易に利用できてしまうためわからない人が多いのが現状です。しかし、このような技術は実際の現場では当たり前のように利用するため会社に入って学ぶ人が増えています。世の中が便利になる中でこのようなことがIT業界で問題となっています。アプリ開発を行なう際にも、プログラムを書ければいいわけではなく、データベースを利用する場面も多いためそれなりの知識が必要となります。これからアプリ開発の勉強をする人はこのようなことに注意しましょう。ユーザの求めるアプリ開発を行ない、よりよい社会を作っていきましょう。