システム

ipadのアプリ開発を行ない業務の効率化を図る

アプリ開発の流れを理解

スマホ本体

アプリ開発の流れを理解

アプリ開発は企画、開発、テスト、公開、保守の流れで成り立っています。このようにそれぞれの工程のプロが協力してアプリ開発を行ないます。企画はレイアウトをどうするか、どのような画面遷移にするか、タッチした際のアニメーションなど決めることが多いです。また、ターゲットの絞込を行ない動向を追うことでユーザの求めているアプリケーションを開発することができます。ここを疎かにしてしまうと、再度企画からのやり直しになってしますので時間をかけて決める必要があります。開発は実際にプログラムを書いていきます。プログラマーはただコードを書くだけではなく、他の人が読みやすく改修を行う際に影響が少ないプログラムを書かなければなりません。テストは端末を使用してアプリケーションに問題がないかテストを行ないます。ここで大事なのは適当にテストを行なうのではなく実施にテストケースを作成して問題がないかチェックをすることです。どのようなテストケースが必要かを考えテストを行う必要があります。テストを正しく行なわないとリリース後にバグが多発し改修が多くなるのでテストでバグを洗い出します。テストが完了するとリリースです。スマートフォンのアプリを配信しているサービスにアップロードするとユーザがインストールを行なうことでアプリケーションを利用できるようになります。リリースしたら終わりではなくユーザのコメントやバグを管理する履歴から問題を把握し改修を行なうことが運用に当たります。このようにスマートフォンのアプリ開発は順番を経てリリースされます。スマートフォンの進化によりアプリの種類も増え、できることも増えてきています。今後もスマートフォンのアプリ開発から目が離せません。