システム

ipadのアプリ開発を行ない業務の効率化を図る

アプリ開発の難しさ

アプリアイコン

アプリ開発の難しさ

androidはスマートフォンに使用されているOSの一つです。バージョンが複数あり数年前までは2系が主流でしたが、現在では4、5系が主流となっています。バージョンが変わるごとに機能が追加されていくため、古いバージョンの場合は一部のアプリケーションに対応していない場合があります。また、古い端末はスペックが低いことが多く、androidはiOSに比べ開発が難しいと言われています。その理由として様々なメーカーから端末が発売されていることにあります。iOSはアップル社が発売していますが、androidは世界中の企業が発売しているため同じバージョンでも微妙に仕様が異なることがあります。これを機種依存と呼びます。この機種依存により、同じバージョンのandroid端末でもアプリケーションが動かないことが発生します。アプリ開発ではこのような機種依存を考慮して開発を行なう必要があります。また、androidではテストの工数がiOSに比べて多いのが特徴です。iOSは発売されている端末は数えるほどですが、androidは世界中の企業が端末を発売しているため非常に多いです。そのため、全ての端末でテストを行なうのはほぼ不可能です。このようにandroidのアプリ開発は難しく開発者を悩ませています。個人でアプリ開発を行なうには敷居が高いため、アプリ開発を考えている企業は一度外部に見積もりを出してみると良いかもしれません。企業によって見積もりが異なりますので複数の会社に見積もりを出して見るといいでしょう。