スマホアプリ

ipadのアプリ開発を行ない業務の効率化を図る

IT技術の進化による変化

デスクトップPC

IT技術の進化により様々なアプリケーションが利用できるようになりました。アプリ開発専門の技術者が開発を行ない、テストを経てリリースされます。アプリケーションがリリースされるまで多くの工程が存在するのです。

もっと見る

アプリ開発の流れを理解

スマホ本体

スマートフォンのアプリ開発では工程が複数あり、それぞれの工程で担当者がいます。担当者が協力することで現在私たちが利用しているスマートフォンのアプリケーションが作りだされているのです。

もっと見る

アプリ開発の難しさ

アプリアイコン

androidのアプリ開発は個人で行なうのは難しいため、専門の業者に開発を依頼しましょう。業者によって技術が異なりますので、WEBサイトを参照しどのような開発を行なっているのか見てみると良いかもしれません。

もっと見る

営業の仕組みを解説

スマートフォン

ipadを利用している企業が増えています。ipadは2010年に発売されました。ipadは処理能力が早く、軽量で大きい画面は操作性が高い特徴があります。OSにはiOSを搭載しObjecttive-Cでアプリ開発を行ないます、最近ではSwiftというプログラム言語でアプリ開発を行なっています。アプリ開発ではアプリのデザイン、プログラム、テストなど多くの工程があります。iPadは画面が大きいため、お客様への説明を行う際にも利用でき、携帯販売会社の営業などはお客様へipadを使用して説明を行います。また、ipadに製品の情報を管理したり、業務での見積もりを算出するアプリを搭載することで業務の効率化ができ、すばやくお客様へ製品情報と見積もりを提示することもできます。この様な業務アプリをしようしている会社は数多く、外回りの営業担当者もipadを使用して営業に出向きます。自動販売機の設置を行なう営業担当者を例に取ると、アプリでどこに自動販売機があるかを確認し、まだ自動販売機の設置が少ない地域に出向いて営業を行ないます。これまでは目で確認してどこに自動販売機があるかを確認していましたがアプリを利用することにより他の営業担当者が出向いた場所もクラウドに記憶することが出来るため、同じ場所に営業に出向くミスもなくなります。このように会社全体で情報の共有が瞬時にできるようになります。その他にも製品の在庫管理なども行えるため、現在会社にどの製品がどれだけあるか確認し製品を販売することが出来ます。在庫が不足している場合はすばやく発注することもできます。ipadのアプリを使用して業務を効率化する企業が増えてきていますので、皆さまも一度アプリ開発を業者に依頼してみてはいかがでしょうか。